松潤「99・9」最終回19・1%…最高タイで有終の美

おはようございます!
最終回の記事が出たのでご紹介します☆

松潤「99・9」最終回19・1%…最高タイで有終の美

スポーツ報知 6月20日 9時20分配信より

 嵐の松本潤(32)が主演するTBS系連続ドラマ日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―」(日曜・後9時)の最終回が19日に放送され、平均視聴率が19・1%と最高タイを記録したことが20日、わかった。

 今期放送された連続ドラマの中でも現在のところ最高となっている。(ビデオリサーチ調べ、関東地区※関西地区でもトップです)

 20分拡大で放送された最終回はグループ活動の「充電期間」に入っているKAT-TUNの中丸雄一(32)が容疑者役で出演、松本との同学年共演も話題となった。タレントの優香(35)との結婚を発表した俳優・青木崇高(36)も出演しており、最終回では松本の同僚弁護士役の榮倉奈々(28)をナイスアシストする重要な役を演じた。

 また、松本が繰り出す“ダジャレ”や、ドラマに登場する小道具に“小ネタ”が仕込まれていることにも注目が集まっており、ちらっと映る名簿の名前に嵐メンバーが過去にドラマで演じた役名が混じっていたり、中丸が演じる容疑者・石川陽一の住所が「上亀町」とKAT-TUNの上田竜也(32)と亀梨和也(30)を連想させるものだったりと、最終回も多くの仕掛けがちりばめられていた。

 4月17日スタートの日曜劇場「99.9―」は、主役の深山大翔を演じる松本が、超型破りな弁護士役に初挑戦。香川照之(50)や榮倉など、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながら逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントで、今期放送のドラマの中で高視聴率を獲得し続けていた。これまでは、松本のジャニーズ事務所の同学年、俳優・風間俊介(32)がゲスト出演した第2話(4月24日)で記録した19・1%が最高だった。

ドラマ2つとも終わってしまいましたね
すごく面白かったので淋しいです(T_T)
昨日の最終回は特に見応えがありました
スペシャルとかで復活してくれたら嬉しいな~♪

最終回の前に出た記事を紹介します

嵐 松本潤の仕事ぶりはまるでサムライ?
 『99.9』関係者を魅了する求心力

リアルサウンド 6月19日 7時0分配信

 嵐の松本潤が主演するドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)が、本日6月19日に最終回を迎える。4月からスタートし、高視聴率をキープしてきたこのドラマ。数々の話題作を生み出してきた“日曜劇場”という枠の大きなプレッシャーを見事にはねのけ、大きな成果を残した。

 これほどの人気を博したのは、松本の求心力が大きな要因だと感じる。 例えば、収録時の裏話がつぶやかれてきた番組の公式Twitter(参考:日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」公式Twitter https://twitter.com/999_tbs)。そこで松本は番組スタッフに「座長」と呼ばれ、親しまれている。

 クライマックスシーンの台詞は松本も含めて1週間やり取りを重ねてきたエピソードや、共演者の差し入れを通じて現場を和ませる松本の様子がつぶやかれてきた。最終話の中丸雄一がゲスト出演する際には、ドラマがどう作られているのか、アドリブの話をしていたと伝えられた。

 スタッフから「うちの座長は気遣いの人」と称される所以は、誰よりもストイックに作品に向き合い、全体を盛り上げていく姿勢があったからこそ。主演でありながらも、ときには裏方の視点で作品に向き合い、共演者やスタッフとの距離を縮める行動は、まさに一座をまとめる座長である。

 なぜ、そのような空気が生まれているのか。それは、主演の松本がプロデューサー的な感覚で作品に取り組むスタイルが根付いているからかもしれない。松本は、これまで嵐のコンサートの演出に携わってきた。また、ジャニーズのエンターテインメントは舞台に最も重きをおいている。松本は多くの舞台を観劇していることでも知られており、先輩たちが座長として舞台を成功させる姿を見てきたからなのではないか。

 だからこそ、脇を固めるベテランの俳優陣たちからも信頼を得ている様子が伺える。最終話に向けて出演者が他の番組に出演する、いわゆる「番宣」の際も、香川照之は「本当に楽しい現場」「(松本は)いろんな角度から見ていてすごい」と大絶賛。

 いとこ役を演じたレキシも「(松本は)魅力だらけ」とベタ褒め。新曲の作詞で煮詰まっていたところ、松本が相談にも乗ってくれたのだという。アイデアやテーマが次々と飛び出してきた松本のおかげで歌詞ができたという。

 片桐仁も、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で 「ドラマが終わっても(松本と)仲良くしたい」とラブコールを送った。ドラマ内での「それでいいの?」「やれんの?」というドS発言のあとの笑顔がかわいいと、すっかりメロメロなのだとか。 同じ嵐のメンバーである櫻井翔に、「松本と仲良くするためにはどうしたらいいか」と質問を投げかけるほど真剣だ。

 気になる櫻井の回答は「クールに見えて天然なので、諦めずにトライしたほうがいい」としたうえで、「後ろの髪の毛を触られるのがものすごく嫌い」というポイントを伝えた。「たぶん昔、武士だったんですよ」というのは、背後をとられるのがイヤだという比喩だが、これはまさに言い得て妙。

 『家(作品)のために忠義を尽くし、人(共演者やスタッフ)と正面から向き合う』。松本の仕事の流儀を言葉にしたら、こんな武士道のようになるのではないだろうか。そんな現代のサムライ・松本潤、真剣勝負なクライマックスはどのような形におさまるのか、期待が高まる。

※99.9の公式さんは本当にカユイところに手が届くという、裏話から情報まできめ細やかにフォローしてくださってtweetは毎回楽しみでした♪


嵐・松本潤「諦めが悪い人たちが集まった」 主演「99.9」撮了で続編に意欲

2016-06-19 15:00 
【松本潤/モデルプレス=6月19日】
今期放送のドラマの中で高視聴率を獲得し続け、好評を博し、ついに今夜最終回を迎える日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系/毎週日曜よる9時)が先日、撮影スタジオでクランクアップを迎えた。主演を務めた嵐の松本潤は「本当に諦めが悪い人たちが集まったという印象です。キャストもスタッフも本当に追及することの難しさを感じながらも、高みを目指そうとする気持ちを感じました」と感慨深げに語った。 

3月上旬にクランクインし、3ヶ月半を共に過ごしてきた出演者とスタッフ。最後の撮影となったのは、斑目法律事務所・刑事事件専門ルームでのシーンで、松本潤演じる深山大翔をはじめとした刑事事件専門チームの面々が同時にクランクアップとなった。

7年ぶりTBSドラマ主演「すごい刺激」

今作は、日曜劇場初主演の松本扮する超型破りな弁護士・深山大翔をはじめ、個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント。最後の0.1%まで諦めず、事実を追い求めていく刑事専門弁護士たちの姿を描いた物語である。

松本がTBSのドラマに出演したのは、2009年に放送された「スマイル」以来、7年ぶり。「TBSのドラマに帰ってこられてすごく嬉しかったです。この日曜劇場のドラマに出演させて頂けて本当に光栄でした。そして、オリジナル脚本で、オリジナルのストーリーで、チャレンジするドラマを皆さんとできたことが、すごく楽しかったですし、すごい刺激でしたし、現場に来ることが本当に楽しかったです」と感謝の言葉を述べた。

さらに「何か問題が起きた時に、どうやって乗り越えるかということに、皆がひとつになれるすごく良いチームだったと思います」とチームが一丸となって作品を作り上げてきたことが一番印象に残っていると明かし、「スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!また、皆さんと現場でお会いできるのを楽しみにしています!!」と続編への意欲ものぞかせ、挨拶を締めくくった。(modelpress編集部)

松本さんも大野さんもドラマお疲れ様でした
無事終わって本当に良かったです!

何かあればまたお知らせしますね(^_^)/

本日もお嬢様と嵐さんにとって
ステキな一日でありますように♡

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

ちくさん、こんばんは。
99.9の最終回、おもしろかったですね✨
淋しいですが…視聴率も良く無事に終わってよかったですね。
大野さんのドラマもおもしろくて続きが見たいなぁって思いました✨
ほんとスペシャルとかで復活してくれるといいですね…🍀






プロフィール

ちく

Author:ちく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR