【追悼コメント追記】演出家の蜷川幸雄さん死去


ジャニーズの皆さんから
蜷川幸雄さんへの追悼コメントが
スポニチで紹介されています。

ジャニー社長、キムタクらジャニーズ事務所が蜷川幸雄さん追悼

日本を代表する演出家の蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さんが12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため亡くなった。80歳。埼玉県川口市出身。蜷川さんは人気アイドルを多数、起用。役者として鍛えた。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)SMAPの木村拓哉(43)らが追悼コメントを発表した。


 ジャニー社長は「昭和と平成を見事につなげた人が、東京オリンピックを待たずにさよならなんて、ずるいよ」と悔やんだ。

 1989年「盲導犬」に出演した木村は「驚きと同時にものすごく悔しいです。自分が今あるのも、当時右も左も分からなった自分に“人から拍手してもらえる厳しさと素晴らしさ”を教えていただけたからだと思います」と感謝。「少し前に“俺がポシャる前にもう一度一緒にやろうぜ!”って言ってもらったことが、今頭から離れません」と再びタッグはならなかった。
 
 ▼錦織一清 少年隊の舞台でお世話になりました。はじめは怖い人だと聞いていましたが、いざ演出を受けてみると、とても優しく愛情にあふれた方だったということが印象に残っています。

 ▼東山紀之 蜷川さんと会う度に『またやろうな』と言ってくださいました。その言葉がうれしかったです。また、ご一緒したかったです。まだまだ勉強したかったです。蜷川さん、寂しいです。

 ▼植草克秀 すぐ怒る反面、とても愛情を持ってスタッフ、役者に接する他にはいないような演出家、指導者であったと思います。また蜷川作品に参加させていただけたらと思っていましたが、それも叶わぬことになってしまいました。残念で仕方ありません。

 ▼森田剛 「血は立ったまま眠っている」で、初めてご一緒させてもらった時、「やっと会えたね」と優しく握手してくれました。舞台の初日前には「他の人に何を言われても、俺が責任を取ってやる」と言ってくれました。だから舞台に立つことが怖くなかったですし、この人のためにやりたいと思いました。「馬鹿野郎、変態」と言われながら、たくさんの愛情をいただきました。もう一回、会いたかった。

 ▼岡田准一 「エレクトラ」でご一緒させていただきましたが、若い自分に「枠にはまるな、壊せ壊せ、自分はなんだってチャレンジした」と導いてくださった方でした。

 ▼二宮和也 本当に強い、熱い、情熱を持っているお方で、お芝居というものを教えてもらいました。

 ▼松本潤 なんだか胸に大きな穴が開いてしまったようです。訃報を聞き、蜷川さんに言っていただいた言葉を思い返しています。もっと言ってほしかったです。もっと蜷川さんの作品が見たかったです。

 ▼生田斗真 「ミシマダブル」という作品で演出をしていただきました。僕たち俳優が評価されることを、誰よりもうれしそうに喜んでくださる方でした。蜷川さんに鬼のように怒られたこと、ありったけの愛情で褒めていただいたこと、そのすべてが僕の財産です。生涯忘れません。

 ▼亀梨和也 蜷川さんとは、昨年の夏に本当に特別な時間を過ごさせていただきました。車椅子姿の蜷川さんは、とても力強く、そこからたくさんの感性、感覚を学ぶことができ、自分は本当に幸せでした。蜷川さんと出会い、お仕事させていただけたことを忘れず、しっかりと自分の中で育んでいきたいと思います。



お疲れ様です。
Twitterでも速報が流れていますが

スポニチより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000130-spnannex-ent

日本を代表する演出家の蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さんが亡くなったことが12日、分かった。80歳。埼玉県川口市出身。

 開成高校卒業後、1955年に劇団青俳に入団し、68年に劇団現代人劇場を創立。69年「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビュー。72年に演劇集団「櫻社」を結成。74年に同劇団を解散後、「ロミオとジュリエット」で商業演劇に進出した。

 井上ひさし氏、清水邦夫(79)唐十郎(76)野田秀樹(60)らの現代劇から、シェークスピアやギリシャ悲劇など海外の古典・近代劇に至るまで多岐にわたる作品を演出した。83年「王女メディア」のギリシャ・ローマ公演を皮切りに、海外公演も多数。海外からも高く評価され「世界のニナガワ」と呼ばれた。

 98年、彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の芸術監督に就任。シェークスピア全戯曲37作品の上演に挑んだ。2006年には、同劇場で55歳以上の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」を創設した。

 代表作は「身毒丸」「ムサシ」「海辺のカフカ」「NINAGAWA・マクベス」「ハムレット」など数知れず。

 01年に紫綬褒章、04年秋に文化功労者、10年秋に文化勲章を受章。妻は元女優で現在はキルト作家の真山知子さん(75)。長女は写真家として活動している蜷川実花さん(43)。

 蜷川さんは昨年12月中旬に体調を崩し、軽度の肺炎と診断されて入院。1月から蜷川さんの半生をモチーフにした舞台「蜷の綿」(2月、彩の国さいたま芸術劇場)の稽古に入る予定だったが、体力の回復が十分ではなく、延期。

 蜷川さんは「50歳離れた藤田貴大さんが時間をかけて、ぼくのことを戯曲に書き上げてくれました。恥ずかしい気持ちはあるのですが、とても面白いので、演出しようと決意していただけに、悔しい気持ちでいっぱいです。早く回復して劇場に戻ります」と復帰に意欲を示していたが、叶わなかった。

 蜷川さんの演出作品としては、彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾「尺には尺を」(彩の国さいたま芸術劇場)が今月25日から、V6の森田剛(37)宮沢りえ(43)が出演する「ビニールの城」(東京・シアターコクーン)が8月に上演される。


突然の悲しいお知らせにとても驚いています。
体調を崩されていたのは存じ上げておりましたがショックです。本当に残念でなりません。
今はただ心よりご冥福をお祈り申しあげます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

いつもお世話になっております。

コメント出てたんですね。
青の炎も勿論ですが、この10年近く何十本と舞台を観て来たので、本当にショックです。
にのさんと、もう一度、一緒に仕事をして欲しかったんです。残念でなりません。
追悼コメントありがとうございます。

、MIYAさんへ

こんばんは☆
お返事遅くなってスミマセン

今朝のとくダネ!で小倉さんもおっしゃってましたが
MIYAさんのようにずっと舞台を見てこられた方に
色々お話を聞かせてもらいたいです

私の友達がMIYAさんと同じように舞台が大好きで
それこそ何十本と観ているので
きっとお話が合うだろうなと思いながら
MIYAさんのコメントを拝見しておりました

彼女は「尺には尺を」のチケットもとっているし
あとは「ビニールの城」が当選待ちなんだって
言ってたので・・・
昨日このニュースを知って 
仕事どころではなくなっていました

本当ですね、二宮さんともう一度一緒に
何か作ってもらいたかったですね。
叶わぬ夢となってしまいましたが。

コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ちく

Author:ちく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR