1995年1月17日午前5時46分

謹んで哀悼の意を表します。

兵庫県に産まれ、兵庫で育ち
神戸・淡路島で被災した我々は
20年という歳月が過ぎようと
決してあの日の事を忘れることはありません


食料や燃料などの備蓄はもとより
いざという時、家族とどうやって連絡をとるか
どこに避難するか
最悪の事態になった時のことも含め
より具体的に話し合う1日にしたいです。

これは神戸に限らず
自然災害の多い、日本で暮らす我々にとって
他人ごとではないと皆が感じていることと思います。

折に触れて考え、伝えていくことで
災害に備える機会になれば良いですよね。

読んでいただきありがとうございます。

皆様にとって
心安らかな日々でありますように。

コメントの投稿

非公開コメント

ちくさん。おはようございますm(__)m

ああの日から、もう20年!あの日朝のNEWSで、びっくりしました。時間がたつにつれ、心配も…大阪に友達もいたので、心を痛めました。忘れてはダメですね!
20年前…いつも乗ってる電車が、サリンに襲われました。たまたまその日に限って、一本前の電車に乗れたのですが、いつもだったら乗ってました。何があるかわからないですよね!
いつもどんなに時間が経っても、忘れてはいけないことです。

慎んで哀悼の意を表します。

あの日から20年経つのですね…

私たちも職場で、避難場所の掲示がありますが、家族との決め事はしてないままです。
本当に考えておかないといけない事ですね。
今日はそんな日にしたいと思います。

20年‥

ちくさん、おはようございます。
こうやって、当たり前のように「おはようございます」と、言えることがどんなに幸せなことか。
そんなことを思わずにはいられない日ですね。

20年前の朝にテレビで観て、現実⁉︎と衝撃を受けたのを覚えています。
6434名という大勢の方々が亡くなられた‥
決して忘れてはいけないことであり、いつ何が起きるかわからない自然災害だから、一人ひとりが災害についての備えを考えなけらればならないですね。

おはようございます。

あれから20年。
小学生ながらにテレビで見たあの光景の恐ろしさ…覚えています。
恐怖は薄れていくものですよね。
今一度、災害への備えの見直し・家族との話し合いをしたいと思います。

過去の出来事にしないよう!

ちくさん、おはようございます。

私も当時大阪に住んでいて、あの地震を経験しました。
あれから20年!
日々の生活の中で忘れそうになってしまう事もありますが、決して過去の出来事にしてはいけないって改めて思います。

アラシゴトができるのも、当たり前ではないですものね。

心に留めて…

おはようございます。
当時、高校3年生でした。
私が住んでいたのは大阪北部でしたが、あの朝を忘れたことはありません。
ドンっ、ゴゴゴーォと鳴り響く床。
団地の4階だったので、ものすごく揺れました。大きな家具付近に寝ていたので気づかず移動が後少し遅れていたら…。

いつ何が起きるかわからないと、子どもたちに伝えています。
避難集合場所の確認や防災備蓄の保管場所などを話しています。今日は改めて家族で話し合い再確認したいと思います。
心に留めて考え対策すること大切なことですね。
時が経つと薄れていきますが、伝えていくことで残していきたいと思います。

今でも

忘れません。わすれないことが、大切だって、思います。
海を挟んだここでも、あの日、揺れたんだよね。
子供にも、ニュースをみながら、あの日、どうだったか、話をします。
それに、保育園の子供の友達が、被災されて、ここに住むようになり、縁もゆかりもない土地でしたが、仲良くしていました。
やはり、身近にいると、気持ちがさらに近づきます。
わすれないことが、大切。
伝えていくことが、大切。だと、思っています。

こんにちは

ちくさん。こんにちは

私も兵庫県内であの日を経験しました。
多くの方々を忘れる事なく、これからの事を改めて考えないといけないですね。。

せめてこの日だけは。

ともちさんへ

こんにちは

皆さんそれぞれ色んな想いを抱えて
今日を生きているんですよね

コメントありがとうございます。

まりんさんへ

こんにちは。

そうなんですね、神戸の震災に限らず
災害で今までの住み慣れた土地や友達と
離れて住むことになってしまうお子さんも大勢おられますよね

ゆかりのある方がいらっしゃるとか
ご自身にご縁がなければなかなか普段
被災地に思いをはせる機会はないと思いますが

まりんさんのような状況でご縁ができることで
身近に感じられるということなのですね
コメントありがとうございます。

ちぇりん☆さんへ

こんにちは

神戸の事が報道されがちですが
お隣の大阪でも大きな被害が出た地域がありますものね

いざとなったとき 困っている人を助けられるように
お子さんもちぇりん☆さんからお話を聞くことで
きっと誰かを助けてあげられる人になると思います
素敵ですね。

うさこぼし☆さんへ

こんにちは

毎日忙しくて色々忘れがちですが
時々は立ち止まって当時のことやこれからのこと
考える機会があればいいですよね

そうなんです アラシゴトできることも
当たり前ではないですよね。

のらさんへ

こんにちは。

そっか~のらさんはまだ小学生だったんですね

関東も地震の多い場所ですから
のらさんも色々ご経験されていると思いますが

時々考える機会があるといいですよね
優しいのらさんの職業柄
考えることがきっと役立つこともおありでしょうね。

ぴろりんりんさんへ

こんにちは!

そうですね こうやってご挨拶できることが
どんなに幸せなことか
あらためて実感しますね。

ココに生きてることが奇跡だと
そう思える経験をしている人が大勢おられます

多くの方の命に思いを馳せ
自分ができることを考える機会が
時々でも持てるといいですよね

コメントありがとうございました!

ぴのっちさんへ

もう20年なのですね
正直実感がありません

思いだそうと思えば
昨日の事のように思い出せます

あの時あの瞬間どこに誰といて
どんなことがあったのか。

語る人も語らない人も
きっと同じように大切な人を想っていると思います

家族や友達、今までご挨拶程度だったご近所の皆さんと
協力しあった日を想うとあらためて神戸が好きだな~と思います
辛いこともいっぱいあったけど
みんな本当に優しかったです

当時の事を考えてるとつい色々想っちゃいますが
防災のこと準備すること想像することの大切さも
忘れないようにしなくては!

ありがとうございます。


みっちょんへ

こんにちは。

そんなご経験をされてるんですね
あの事件はとても衝撃でした
未だに何も解決していませんよね


長く生きている私たちは
時々立ちどまって 
考える機会を持つことで

命について考え 誰かの事を想い
人の役に立てることもあるのかもしれないですね
長く生きた大人だからこそ。ね!

今日もお仕事かな?
ご苦労さまです!ゆっくりしてね♡

20年経ったんですね。
テレビから信じられない光景が映し出されて一人部屋のなかで涙をながしたのを思い出します。 自分は臨月に近い体だったので妊婦さんや赤ちゃんを抱えた方はどうしているのかとそればかり考えていました。
当たり前にやってくる日常は決して当たり前ではないこと、いつも隣にいる人が明日も必ず隣にいるわけではないこと。
他人事ではないんですよね。今夜は食卓でそんな話しを娘としようと思ってます。

No title

あれから、20年…。
すごい月日が経ちましたが、とてもあっという間とは、
言えない長い20年だったと、被災した方が
おっしゃっていました。
本当に災害の多い国で、大きな災害でなくても、
たくさんの方が被害に遭われています。
阪神淡路大震災の時は、あのような大きな災害が初めてでしたので、本当にぶるぶると、震えたのを覚えています。
あの時、備えの大切さを学んだのに、東日本大震災では、
原発や津波という、予想を越えた被害も起きるということを
思い知らされました。
色々なことに、慣れてしまったり、
大切なことを忘れないようにしなければいけません。
皆様の幸せをただ祈り、これからも、
この国が、幸福であるように祈るばかりです。
今日は、本当に
そういう日にします。

色々と思い出します…

あの日からもう20年経つのですね…
当時私は高校生でした。
テレビで見た光景にただ目を疑いました。

そして4年前…
東日本大震災。
地元仙台で、あの時神戸の方々と同じような事が、まさか自分の身に起こるとは思いもしてませんでした。
職場での震災、保育士という仕事上、預かっている子どもを第一に守らなければならないこと、家族と連絡が取れない不安、物資困難…
想像もしなかったことの連続で、あの時も大変な思いをされたんだろうと。

幸い海寄りではなかったので復旧も早かったのですが。

あの頃大変な経験をされた関西や全国の方々の温かい手助けがあって、今の東北があると感じています。
人の優しさに感謝の気持ちを忘れないと共に、何年経とうが風化させてはならない経験ですよね。

20年…。

20年前の あの日…。
幸い私達の住んでいた女子寮は あまり被害は無かったのですが、時間をおうごとに 次々に映し出される被災地の情報…。
私達は 多くの事を学ばせて貰いました。
風化するのではなく、語り継ぎ そして少しでも被害を拡大させないように日々考えるべきなんでしょうね。
子供とは避難場所の確認や 注意はしているのですが、今日改めて話し合いをしようと思っています。
地震の多発する日本。地震だけじゃない災害。
少しでも永く穏やかな時間が流れますように…。

あれから…

あの震災から20年なんですね…
私は当時鳥取に住んでいて…朝突然の揺れで飛び起きて両親の所へ行ったこと。そして登校後教室のテレビで見た神戸の惨状にショックを受けたことを鮮明に覚えています。
自然災害のニュースを見るたび今を生きる幸せと毎日悔いのないように生きようと感じるこの頃です。

1月17日

ちくさん 大変ご無沙汰しております

20年の年月が経ちました
いろんな想いの詰まったこの日
私には母と姉が助かってくれた日でもあります
そのおかげで、私は笑って過ごしてこれました
感謝する日でもあります

あの日に想いを馳せ
あの日を忘れない
いまに感謝する日です


ちぇりーさんへ

こんばんは。

娘さんと色んなお話をできるのは
とても幸せな事ですね
子供の頃に親から聞いた話は
今でも覚えていることが沢山あります
見て感じる事と同じように
伝え聞くことからも色んなことを学べますよね

今日テレビを見ていて感じました

ゴンゴンさん

時の流れの感じ方は当時どんな経験をされたかで
違ってくるのかもしれませんね
ゴンゴンさんのお知り合いの方は
とてもとてもつらい想いをされたのでしょうか

同じ神戸にいた人の中でも
住んでいた場所や震災後過ごした場所で
経験したことは違いますものね

会社を再建するためがむしゃらに生きた方
愛する人を失って失意の中
なんとか生き抜いた方
九死に一生を得て生きてこられた方
色々な立場の方がおられますものね

私は震災で人の優しさにも触れたし
イヤな思いをしたこともありました
でもやっぱり神戸が好きだし
日本が大好きです。

この国が幸福であるように
私も祈りたいです
コメントありがとうございます☆

アキコさんへ

こんばんは

当時は被災地以外にいらした方の方が
広範囲の情報をお持ちだったように思います

震災のあった神戸では
何日も被害の全容はわかりませんでした
ラジオで聴くこと
実際にこの目でみた自分の生活圏の惨状が全てでした

神戸の場合は早朝ということもあって
家族で一緒に被災された方が多く
子供さんも親御さんが守るという状況でしたが

東日本大震災では多くの方が
学び舎で職場で
家族とは離れた場所で被災されたので
その現場を預かる責任者の方は本当に大変だったと思います。

神戸の人は
東日本大震災をとても他人事とは思えませんでした
もちろん日本国中 世界の方々のご支援があっての
今なのだとおもっています

東北には神戸とはまた違う悩みも多くあるのでしょうね
遠く離れた地に住む私たちは
その悩みを想像し気持ちに寄り添う事しかできませんが
共に頑張ろうという気持ちでいます。

コメントありがとうございました

rinoさんへ

20年前のあの日の事は
今でもよく覚えています

20年間折にふれ思い返すから
どんな想い出や経験より鮮明かもしれません
震災時一緒にいた多くの人と過ごした日々

中には色んな立場の人がいて
助けられなかった家族の事を思い
自分を責め続け
苦しい想いをされてる方もいらっしゃいます
その方の事気持ちを私たちは救うことはできません
無力だなと思う事も多いですが

そんな方に防災を考えろとは思いません
だから震災を経験したけれど
あまり被害が無かった人が
備えることの大切さを考え
いざという時 誰かを助けられるように
準備することを伝えていけたらいいなと思います

お子さんに避難場所や
具体的な事をお話されるお母様が多くいらっしゃって
とてもイイ事だなと思います

私たちはそんな話をして育ってこなかったですから
戸惑うことが多かったなぁ
皆さんとても素敵なお母様ですね

コメントありがとうございました!

じゅんさんへ

こんばんは

鳥取は兵庫のお隣ですものね
場所によっては
大きな被害があった地域もあるのでしょうね
子供の時に見た映像は衝撃すぎて
とてもつらい想いをされたかもしれませんが

映像をみて
大変な思いをされてる方の気持ちを考え
毎日を悔いなく生きようと思えることは
とても大切な経験だったのかなと思います

大人になって分かることも色々ありますよね
毎日を悔いなく生きる!素敵ですね

コメントありがとうございました!

カオリンさんへ

こんばんは☆
お元気そうでなによりです!

お母様とお姉さまが
大変な思いをされたんですね・・・。

あの日に想いを馳せ
あの日を忘れない
今に感謝する
私もそうありたいです 本当に。

コメントありがとうございました☆

No title

ちくさん、こんばんは。

今日は私の大事なお友達の誕生日です。
学生時代いつも一緒にいてお祝いしたりしていました。

でも受験生でもあった20年前。
私もお友達も千葉県にいたのですが、
テレビに映し出される初めて目にする映像。
それが現実なのか?!と信じられないほどでした。
そしてその日はお誕生日会はとてもじゃなくできませんでした。

大阪にいた親友とも連絡が取れず焦りましたが、無事でした。
本当に運もあったと言っていました。

いつ何が起きるかわからない。
自然災害において少し気が緩みがちでしたが、
また引き締まった思いです。

haruさんへ

こんばんは

大切なお友達のお誕生日
おめでとうございます☆

実は私のお友だちも1/17がお誕生日です
昨日お祝いメッセージを送りました。
haruさんのお友だちも
私のお友だちも素敵な日々でありますように♡


テレビで映し出される映像を
私も後日テレビで見ました。
自分たちがいた場所や
遠くに見えた炎
行けなかった場所の様子が伝えられていて
後からどんどん怖くなりました

連絡が取れない友人の事をみんなで探したり
倒壊したビルや、押しつぶされた家のがれきの中で
弟に会えた時のことを思い出します。

たまたま自分は助かった
そんな風に話したこともあります
haruさんのお友だちと同じ気持ちだったのかもしれないですね

いつ何が起きるか分からないと想像すること
高速道路の逆走事故など
近年考えられない事故も増えてきています
災害だけではなく 色んな可能性を想像することが
時々あると良いと聞きます。
自分の生活が幸せだとついつい忘れがちになりますよね
私も身の引き締まるおもいです。

コメントありがとうございました
おやすみなさい

あれから20年

おはようございます。

私も神戸で産まれ育ちました。
震災の時の20歳で翌年が成人式でしたが皆それどころではありませんでした。
今年2回目の成人式です(笑)
あの頃は今みたいに携帯電話もなくみんな避難先から公衆電話に並んで安否確認をしたものでした。
あの時の恩返しが出来ないかと災害支援ナースの派遣に登録しています。
活躍しないことが良いのですが。。
日頃から災害に対しての意識を持つ事が大事ですね。

おはようございます

朝起きて、改めて皆さんと、ちくさんのコメントを読みなおして、すごく感動してます。
とても嵐さんの話ばかりしている場所とは思えないくらいで。
皆さん、ステキだなぁ。
やっぱり、日本はいい国です。
日本人に生まれて良かったと思う瞬間です。
災害だけでなく、私たちの周囲には、病気と闘っていたり、
仕事が大変だったり、色々な困難も有りますけど、
皆さんのおっしゃる通り、日々アラシゴトができることの幸せと、
嵐さんを好きになることが出来たことの幸運と、
そしてさらに、ちくさんのブログにたどり着くことができたことへの感謝を胸に毎日を大切に生きていたいな…と思います。
感謝してもしきれないので、改めまして、ここで感謝の気持ちを書いてみました。
いつも、本当にありがとう。

みぃさんへ

こんにちは。

最近の小学生は10歳になると
1/2成人式というのをやるそうですが
2回目の成人式というのも素敵ですね☆

記念に振袖を着てみるとかいかがですか
可愛らしいみぃさんならきっと似合いますよ♡


そうですよね
あの頃は携帯電話を持っている人が本当に少なくて 
みんな公衆電話に並びましたよね
10円玉がいっぱいになって入らなくて
知らないオジサンが携帯を貸してくださいました。

あの震災を経験して何か力になれることは無いかと
色々考えますが なかなか難しいのが現実です。

みぃさんのように資格をお持ちの方が
現地に行かれることがどんなに助けになることか
本当に素晴らしいです!尊敬します。
いざという時のマンパワーは
被災地に住む人の不安な気持ちを和らげてくれるし
本当にありがたいですものね。

私もみぃさんを見習って
何かお役に立てることを考えたいです。

コメントありがとうございました。

ゴンゴンさんへ

コンニチハ!

本当にゴンゴンさんのおっしゃる通りです
災害だけでなく、病気と闘っていたり
お仕事が大変だったり
皆さん色んな苦労がおありですよね。


嵐さんを好きになって
こうやってみんなと出会えて
毎日が充実していることに感謝をしています!

ブログを続けることが出来たのも
皆さんが応援してくださったから

こうやって遊びに来てくださる方がいて
時には声をかけてくださる
その優しさがとても嬉しいです♡

こちらこそ!
いつもありがとうございます(^_^)

ちくさんへ

こんにちは

何をコメントしてよいかわからないほど、
この震災について胸が痛みます。

今夜放映する『ORANGE』を観るつもりですが、
きっと神戸の方々は直視できないのではないでしょうか。
とても心配です。でも観ることによって、何かを想い、何かを
伝えていけたらいいなと思います。


Re: ちびくん!

体調だいじょうぶ?
お返事できてなくてゴメンね(T_T)
気になってたのに、すっかり遅くなっちゃって。

お仕事と家事もあって大変と思うけど
たまには自分の休養タイム
ゆっくりとってくださいね!

コメント
ほんとにありがとうございます!
プロフィール

ちく

Author:ちく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR